RUNNET EKIDEN 2012 東東京大会



RUNNET EKIDEN 東東京大会では救護体制に万全を期していますが、レース中、心臓トラブルに陥ったランナーに速やかな救命活動を施し、社会復帰を可能にさせるのは大変困難(※)なことです。

「チームに迷惑をかけられない」と、身体が発する危険信号に「気付かぬフリ」で無理をしている人はいませんか? 「少しくらいは大丈夫」という過信は大きな間違い。特に、過去に「胸が締めつけられるような思いをしたことがある」「平常時に心臓が苦しくなった経験がある」などの自覚症状があった方は要注意。

以下は、『月刊ランナーズ2012年4月号』に掲載した記事です。心臓トラブルによる悲劇を防ぐ最善の方法は、ランナーであるアナタ自身の自覚や責任、「自己管理」であることを理解し、マラソン大会を楽しみましょう!

(※) 心停止状態から1分経過するごとに心拍再開の確率(救命率)は7〜10%ずつ低下
(日本医師会インターネット生涯教育講座<救急診療における処置と連携>より)

Copyright © RUNNET EKIDEN, All Rights Reserved.