RUNNET EKIDEN 愛知大会




  トップページ ⇒ 特徴



世界最大規模のEKIDENシリーズ
本大会は、春の東東京大会、秋の多摩川大会、冬の埼スタ大会・大阪大会と合わせて年間5大会シリーズとなっています。全シリーズ合わせて2万人以上(昨年実績)が参加する世界で最大規模の駅伝大会です。楽しみ方は2万通り以上。走友会・クラブチームで参加するのもあり、家族で1本のタスキをつなぐのもあり、企業の健康促進のために参加するのもあり。1本のタスキをつないで、今まで以上の絆を深めてみてはいかがでしょうか。

レベル問わず誰でも参加OK!
駅伝に初めて参加される方、普段の練習の成果を発揮する場を求めている方、最近走り始めた方など、どなたでもご参加いただけます。区間は1区から4区まで、いずれも4kmの走りやすい距離です。だれが何区を走るのか、男女の構成をどうするのかを考えるのも楽しみの1つです。

安全で走りやすい「愛・地球博記念公園(モリコロパーク)」のコース
会場は愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内の特設コースですので、安全で走りやすいコースです。広くて環境に恵まれたモリコロパークだからこそできるEKIDEN大会。周回コースのため、走り終えたランナーは移動せずに中継地点付近で他の仲間を応援することができます。メンバー同士のチームワークの良さもEKIDENで楽しむのには欠かせない秘訣です。

記録証はランフォト記録証(写真入り記録証)
記録証は写真付き。大会約1週間後から、RUNNET(http://runnet.jp/ ※要会員登録)にてダウンロードできます。メンバーの一生懸命走る真剣な顔、タスキを渡す時の笑顔、それぞれの思い出を刻み込んだ写真を掲載できます。これをチーム人数分プリントアウトして練習会で配ったり、個人個人のホームページやブログに貼り付けたり、汗と涙(!?)の記録をみんなでお楽しみいただけます。




Copyright © RUNNET EKIDEN, All Rights Reserved.